新事業のリスク・コスト、計画の重要性。



新しい事業には、ある程度のリスクはつきものです。

個人レベルの必ず儲かるような小さな話ではなく、企業として取り組むようなある程度の大きな規模のものは特にそうだと言えるでしょう。

大きな初期コストを必要とする事業ほど、高いリスクを背負っているといえます。

  • 自身にとって

  • 企業にとって

新しい領域へ進むということは、計画的に現状と対立することに他ならず、何かと対立するからには、何かしらのコストを負担しなくてはならない。



そのコストの考え方ですが、 大企業の場合は、すべて金銭で考えられるべきものです。たとえ経営者が優れていても、多くの人を要する組織になった場合には、個人的な資質に頼るような戦略はよい戦略とは呼べません。優れた人物の時間コストも、人件費として計上し、すべてお金で考える。

では、小規模の企業はどうでしょうか? 零細企業の場合、投下できる資本は限られているため、コストをお金で計上した場合、それほど資金に余裕のある零細は少ないと思われますので、単純に行き詰ることが多いと思います。

零細の場合には、大企業とはまったく逆で、人的資本(時間)に大きく依存するスタイルを取らざるをえないとなります。少数精鋭という訳ではなく、人的資本しか投下する余裕がない。というのが現状でしょう。

結果として、新事業に挑戦した企業(多角化でも、ベンチャーでも)は、少数精鋭であった場合以外は失敗に終わる。お金は誰の言うことでも素直に聞きますが、人的資本はそういう分けにはいきません。


単純に、新規事業に携わる人へのコストが一人1000万円とした場合、零細企業の場合は、プライベートの時間を削って、1000万円分の仕事をしよう。というそもそも無理がある計画をしてしまいます。しかし、そういった無理をしないと、実際1000万円で能力のある人を新たに雇い入れることができないのが零細です。


結果的に負うリスクは、大企業でも零細企業でも想定はされていると思います。零細の方が、動かすプロジェクトが小さい分、よりリアルに想定されているかもしれません。その上で、取り掛かる場合がほとんどだと思います。


しかし、それでも新事業は失敗します。計画の甘さと言ってしまえばそれまでですが、成功までのプランを計画通りにすすめられる人は、とんでもない天才だけでしょう。

良い判断は経験から生まれると言われます。そして良い経験は愚かな判断から生まれます。

それでも、計画はしっかりと。できる限り失敗はしたくないですからね。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。