結果と効率の両輪が回ってこそ「コストパフォーマンス」ですが…

最終更新: 2019年6月11日




結果と効率の両輪が回ってこそ「コストパフォーマンス」

  • とにかく、スピードを追求(効率的に)結果に焦点をしぼる。(効果的に)

  • 結果に焦点をしぼる。(効果的に)

本来は、両立させてこそコストパフォーマンスが最大になるのですが、時間の制約があったり、リソースに制限があったり、また、他にもやる事があったりと、なかなか理想的な感じにはなりません。

まぁ、欲しい結果のひとつとして、時間内に完了する!というのも、非常に重要なポイントですので、まずは、効率を追求する姿勢も、ぜんぜんアリかと。

とにかく、効率的にこなせるようになって、時間に余裕が出来れば、その時間を違う感じで使えるようにもなる訳ですし。




なので私は「効率重視」派です


正直、成果や効果は、やってみないと解らない部分や、運の部分もたくさんあります。成果や効果は外部から頂くものなので、投下する時間を多くしたからと言って、成果や効果に結び付く保証はありません。

ならば、まず、とにかく、最低限の「やらなければならない事」を、最も短い時間で行うための、スキルアップと創意工夫。これは、自分の側だけで出来るものなので、どこまでも追求して行くべきかと。

成果(結果)を出す人と、出さない人の違いは、時間の使い方に大きく異存していると思われるので。 まず、行動でしょ。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。