東京からロサンゼルスまでの距離




東京からロサンゼルスまで何キロ?


「東京からロサンゼルスまで、はたして何kmでしょうか?」という質問があった場合、あなたならどうしますか?

という質問を、以前主催したMBAセミナーで問いかけました。もちろん、知っていれば即答できますが、知らない場合でも、なんとか近い答えを導く方法はないものでしょうか?


たとえば、地球の円周の距離を知っているとか、アメリカの東西の距離を知っている。とかです。もちろん、東京=大阪の距離を知っていても使えそうですが、何倍かにするとき、かなり誤差が出てしまいそうですね。


違う方面から、成田からロスに飛行機で行った事がある場合なら、飛行機の速度と飛行時間を掛ける事でも、かなりイイ線まで辿りつけそうです。




あなたならどうやって導き出しますか?

さて、あなたならどのような方法で近いであろう答えを導き出すでしょうか?おおざっぱ、おおよそで結構ですので、数字(km)でどうぞ。正解は、およそ9,000km程度です。


さて、上記のような思考過程により、回答を導いたとしたら…

  • 地球の円周の距離、約40,000kmの1/5~1/4くらい。としたら、8,000~10,000kmくらい。となり、そこそこ近い数字ですね。

  • 1/3や1/6という場合でも、13,000~6,660kmと、そこまで外れないので、悪くないと思います。

また、東京=大阪の距離 約400kmを知っていた場合で考えると…

  • およそ22倍くらいになるので、この22倍という数字をおおよそで導くのは、なかなか難しいかと思われますね。おおざっぱに、10倍~30倍くらいだとあたりをつけた場合には、4,000~12,000kmという範囲に答えがおさまります。

次に、飛行機の速度と飛行時間から導こうとした場合…

  • 気流の関係もありますが、ジェット機の速度を1,000km/h、飛行時間を10時間と仮定した場合には、10,000kmくらい。というのが、すぐに導き出せる答えであり、そこまでハズれてないという感じです。

このように、まったく知らない質問であっても、知っている知識から、おおよその解答を短時間で導き出すチカラというのは、非常に多くの場面で有効に使えます。


「知らない」ではなく推量する

知らないことを、「知らない」とあきらめてしまうのではなく、知っていることから導きだそうとする努力が、脳のシナプスを活性化させ、あたらしいアイデアを生む時の助けにもなるようです。


勘の重要性は、以前にもこちらのブログで書いたかと思いますが、その勘の根拠となる知識が正確であればあるほど「勘」により導き出される答えも、正確なものに近い可能性が高いはずです。


と言うことで、 さまざまな、一見使えそうにない知識も、知らないよりは知っている方が価値があると思うので、たくさん読書して、たくさん人の話に耳を傾け、記憶の本棚にストックしていきたいものですね。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。