一番大切なものに焦点をあててみよう。


あなたにとって、一番大切なものを当ててみましょう

たぶん、かなりの確率で当てられると思いますよ。本当に。

私は、霊能力者の血をひいていますので。。。

って、ウソです。

でも、当てられると思うのは本当です。

では、大切なものを、心に描いてください。

出来るだけ強く、イメージしてください。

良いですかー?

いきますよー。

あなたにとって、一番大切なもの。

それは、

「空気」

当たり?

ん?

まー、まー。

そんなに怒らないでください。そういうつもりで書いている訳じゃないので。



あなたが、心にイメージした「一番大切なもの」が、空気であった可能性はゼロに近いと思いますけど、その、心にイメージしたものよりも、空気の方が大切な感じがしませんか?

ここは、正直に。


あなたにとって空気は、切っても切れない存在です。

意識する・しないに関わらず、それはもう、かなり大切な存在です。日々の空気に感謝する人はいないと思いますが、いま、その部屋の空気がなくなったとしたら、空気以外の事に意識を向けられますか?


人間のカラダの構造は、その外部環境(たとえば、空気がある事)などを前提にしています。なので、人間と空気を分けて考える事は、意味をなさないのです。(とある文献を私なりに解釈…より)


ひとりのマーケッターとして、顧客を見つめる場合。

分析しやすいからと言って、購買行動や生活様式の一部を切り取って考えがちです。また、仕事をしていく上でも、専門化の波があるので、なんらかの一部に特化したビジネスが主流ではあります。


しかし、BtoCのビジネスであれば顧客の満足度を向上させ、対価を得る事。BtoBであれば、顧客のビジネスにコストパフォーマンスの高い貢献をして対価を得る事。が、重要な目的なのは明らかであり、それらを必要以上に細分化することは、結果、パフォーマンスの低下を導いているのではないか?と、考えられます。

また、顧客の行動の一部を切り取ったアンケートや調査など、本当に役に立つのかどうかもわかりません



大きい会社のマーケッターが陥りがちなミスは、欲しい結果を得るために調査したりすることです。また、調査しやすいからという理由で、有益でないアンケートを行ったりもします。


それは、1km先で落としたであろう財布を、探しやすいからという理由で近場を探しているようなものです。




たしかに、ヒト(顧客)の心理をすべて知る事は不可能です。ヒトの中にも、意識と無意識があるのですから、どれだけアンケートしても無理な話です。だからと言って、必要以上に細分化して調査することも、これまた、意味のない事だと思いませんか?

できる事はただひとつ。


「出来る限り顧客を理解するよう努める。」

どんな調査も数字も、この目標を忘れてしまっては、意味のないものになってしまいます。努める事しかできないとわかっていても、少しでも理解度を高めるために、知ろうとする努力を怠る事はできない。

そして、顧客のニーズに合わせて、事業を細分化する場合も、しかり。です。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。