【読書】戦略的思考とは何か?



エール大学式ゲーム理論の本を読んだので少しそのお話を。


最も効果的(効率的)な方法は何か?みたいな内容のことがいろいろ書かれてあります。

前提は、誰もが自分にとってベストな戦略を取る。というのに基づいて戦略的思考を組み立てる。という感じのものです。


現実世界の難しいところは、

  • それぞれの人の持っている情報に差があること

  • 情報に対する解釈にその人なりのバイアスがかかる

  • 囚人のジレンマのように、「自分だけは」という発想がおこったりするところです。

ビジネスは基本的にWin-Winであるべきですし、もらうお金以上のメリットを提供することが、やはり基本だと思うのですが、最終的な価格交渉になった場合にそれは、ゼロサムゲームとなってしまいます。



コストパフォーマンスを最大限にすると考えれば、支払う方は安ければ安い程良い(享受するメリットが同じであれば)ですし、受注する方は、できるだけ高い金額で受注すべきである。と考えられるからです。


お互いがお互いのビジネスを理解し、相互に長期的な関係を築きたいと考える余裕があれば、もっと原価やコストをオープンにして、無駄な交渉の時間などを減らせるのかもしれませんが、それが正解かどうかはわかりません。


ただ、一部の取引先とそうさせていただいておりますが、非常にスムーズで生産性は高いという結果も出ています。




ゲーム理論で戦略の概要を構築した上で、勇気と思いやりのバランスを持って吟味し、

ベストだと信じられる行動を取る。


なにごとも、突き詰めていくと「バランス」という言葉に行き着くのは私だけでしょうか?



起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。