自分だけの情報源

最終更新: 2019年4月8日




独自の「情報ソース」

皆さんはどのような情報源をお持ちでしょうか。日々の暮らしで、TV・新聞・大手ポータルサイトなどのマスメディアには、誰もがほぼ毎日接触していると思いますが、「自分だけの情報源」と呼べるものを持っている人がどれくらいいるのでしょうか?


例えばWebサイトひとつとっても、メジャーなものから、マニアックなものまでありますよね。マスメディアは言葉の通り「マス」を対象としていますし、多くの人が接した時点で、自分だけの情報とは呼べなくなります。まぁ、あたりまえですが。。。




情報の分別

それを知っているのは自分だけ…とまでは言えなくても、それを知る事ができるのは数少ない人数、みたいな情報の出元は、やはり「人」からである場合が多いです。それを「噂」というのかもしれませんね。

大手メディアになればなるほど、ある程度の信憑性は確保されていると仮定して、個人から聞く話というのは、信憑性に疑問が残る場合がありますね。


しかし、記者さんとか、刑事さんとか、裏の世界の人とかは、なんらかの「自分なりの情報源」を持っている場合が多いですよね。世は情報化社会であります。ゆえに、情報の質や出所を、ある程度分別しておいた方が、その情報の解釈や利用方法、信憑性などを、いちいち検証しなくても良いので、時間の節約になるかな?と考える昼時なのでした。




起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。