理想とする自分、理想とする会社。





責任という言葉を愛して。

「理想の会社」距離はまだまだありますけど、日々近づいていくしか道はないと思います。そのために毎日を頑張っていきたいと思います。そして「理想とする自分」こちらも、5年前10年前と比較すれば、少しは近づいてきているかな?と思います。まだまだ先は長いですが、ちょっとくらいは前進できたんじゃないかな?と。


理想の会社・理想の自分、その理想の共通点として、「責任を果たす」というのがあります。責任の中身はそれぞれ違えど、重複する部分もあったりして、一言では言い表せませんが、とにかく「責任」は大切なキーワードだと思っています。


問題は、その中身と範囲。責任を背負うと言うのは、楽ではないですね。やっぱり。果たす事が難しくなればなるほど、背負った事が間違いだったのか?という感覚に襲われることもあったり、なかったり。それでも、誰かが責任を背負わなければならないのであれば、自分が。 その代りとして、正当な対価を求める。というのが、個人的には正しい図式だと思っています。それが、仕事だと。






責任を回避すれば楽になれる?

責任を回避していれば、楽に生きて行けることは知っています。

もちろん、なんでもかんでも引き受ける訳ではありません。それでは、私の会社や従業員に対する責任が果たせなくなってしまいます。。。ですが、責任ある仕事を引き受ける、会社として責任ある仕事に挑戦する。結果として、報酬と経験を仕事から頂戴する。そうやって、成長していけるのではないかな?と。


会社の責任に関しては、最終的に99%数字にて客観的に分析、評価するようにしています。それが、フェアだと思っていますから。ただ、表面的な数字だけの判断は、成長を鈍らせるとも考えているので、基準を考える時は、それなりに慎重にやっています。


私は、代表取締役なので、決算書というある程度客観性のある成績表が毎年つきつけられます。弊社は12月決算なので、1/1~12/31までの成績表という事になりますね。

個人的な、理想とする自分として、何かしらに対する責任を果たせない。というのは、出来る限り避けたいジャンルのひとつです。言いかえると、約束を守れない自分は嫌。という事です。


だからこそ、プラスの事に関しては、出来る限りなんでもしますし、マイナスの事に関しては、出来る限り除外していきたい。大きなプラスとマイナスに関しては、深く考える必要もないのですが、それが小さくなってくると軽視しがちです。軽視した結果、責任が果たせなかった時、あとになって「あの時、あれをしていれば・・・」と後悔するのが、なによりも嫌です。




小さな積み重ねが結果になる

それを、1年単位で見た時、本当に小さな事の積み重ねが大きく影響することがある。そう思うから、今日もこうして仕事をしている訳ですね。会社に来てなにかしらしているからこそ、おかげでTEL(本来なら私個人は休暇日でした)にも出る事が出来てご予約も頂けました。ありがとうございます。


これが、今日を休みにしていて、会社に来てなかったら・・・・。と、思うと、ゾッとします。もし、来年の決算書が右肩下がりだった時、なにを言っても言い訳に過ぎないですから。ただ、責任を果たすと約束した以上、全力で立ち向かうのが僕のスタイルには合っているし、合理的に考えて、今日、ぶらぶら遊んでいるよりも、職場に来て何かしらしている方が、一歩でも責任を果たす事に近づけると考えた結果、こんな長いブログを書くという行動に落としこまれている訳ですね。


仕事が全てという訳ではないが、なによりもまず、仕事である。(P.F.ドラッカー)

最終的には、価値観とパラダイムの問題だと思いますけど、ね。



起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。