専門外分野に対する理解と知識


分業化・専門化がどんどん進んでいく昨今ですが…

【専門家は、他の専門家とリソースを複合させる事により成果を生む】(ドラッカーがこんな事を言っていたような。)

分業や細分化、専門化がどんどん進んで行く世の中。世の中の進歩を見ていると必要な事だと思います。なんらかの分野に特化する事によって、より深くその分野を知るのですから。


ですが、世の中、自分の専門知識だけで成果を生む事は非常に難しく、やはり、他分野の専門家の知識やノウハウと自身の知識やスキルを協業させる事により、成果を獲る必要があると思います。


なので、自身の専門的な分野以外の知識や情報をたくさんお持ちの方には非常に魅力を感じますし、プロデュースやコンサルティングを行っている身としても、出来る限り幅広い知識を持つ必要があると感じています。


知識の深さだけでなく、知識の広さを求めて

クライアント様が求める”成果”までの道のりをすべて照らす事が難しいとはいえ、自分の専門分野だけの狭い視野では、その”成果”を目指して専門知識を提供しているとは言い難いと思っています。


とは言うものの、時間には限りがあるため、深さと広さは反比例せざるを得ないのが悩みどころ。出来る限り効率的に世の中を理解し、自社の提供しているサービスの本質を見失わないようにしたいと思っています。


知識の深さが重要なのはとても分かりやすいので問題ないのですが、知識の広さが重要というのは、意識して行きたいポイントです。




起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。