バタフライ効果(カオス理論)とは何ぞや



ご存知ですか?

「バタフライ効果」を、私がリスペクトしているWikiで調べると、

  • 「カオスな系では、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して、結果に大きな違いをもたらす」ということを詩的に表した表現。

と出ました。

さらに他にも

  • 「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」や、

  • 「アマゾンを舞う1匹の蝶の羽ばたきが、遠く離れたシカゴに大雨を降らせる」という表現が使われることもある。

  • 端的に言えば、小さな要素の組み合わせでも未来に大きな影響を与える以上、正確な未来予想は不可能という事である。

こんな感じです。


ここで私が言いたいのは、 未来予測の困難性ではなく、世の中の事象それぞれが、それぞれ完全に独立しているということはあり得ない。ということです。なんらかの事象が、人間の想像をはるかに超える関連を持って、何らかの事象に影響を与えている可能性は否定できません。




羽ばたく蝶の影響力より、あなたの行動の影響力

アマゾンで蝶が羽ばたく影響力よりも、あなたが今日、車に乗って移動したことの方が、影響力が強いかと思います。その車1台分のスペース、風の流れ、全てが時系列でつながって、それぞれの場所において、なんらかの影響を与えています。


もしかしたら、 あなたの車のおかげで、事故がひとつ防げていて、あなたが車であの時間、あの場所を通過していなかったら、事故が起こっていた。かもしれません。

要するに、そんなことは誰にも分からないことであり、予測不可能であることを再確認すると同時に、何かが何かに影響を与えている可能性や事実を知ってもらえればな。と思って、そんなことを書いてみました。


気にしだすとキリがないですけども。

ビジネスにおいても、ひとつのゲームが他のゲームとなんらかの関わりを持っている。と、考えた方が良いかもしれませんね。



起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。