アマゾンフルーツジュースで社会貢献?



CAMTAから届けられるアマゾンフルーツ

少し前の日経で「アマゾンの森林農業が生んだ人気飲料「アサイー」と生物多様性」という記事の中で、

  • CAMTA

  • アグロフォレストリー のことが掲載されておりました。

当EMPORIOカフェで提供しているフレッシュジュース(アサイー、アセロラ、グァバ、パッション、クプアス)は、すべてこちらのCAMTAというブラジル・トメアスにある総合農業協同組合から出荷されるアマゾンフルーツです。


これらの果物がブラジルから日本に入ってくる場合は、フルーツそのままの状態ではなく、パルプ(ピューレみたいなもの)という状態で、冷凍されて輸入されます。遠方より運ぶ場合、農薬を使い、濃縮して過熱して…の方が安上がりですが、フレッシュな栄養をそのままとなると、やはり冷凍が一番のようです。



アグロフォレストリー農法

そしてこれらはアグロフォレストリーという農法で生産されています。簡単に説明すると、森林農法といって、森のように多数の植物をごちゃ雑ぜで栽培する。といったところでしょうか。生態系を尊重した、より自然に近い農法と言えると思います。


アグロフォレストリーは栽培方法そのものがエコなので、地球にも優しいですし、農地も自然に近いため栄養価も抜群、その他にも良いことづくめなのですが、いかんせんプランテーションよりも手間がかかる。というのが課題でもあるようです。


フルーツを食べたり、ジュースにして飲んだりする機会にアグロフォレストリーやブラジルにも、思いを馳せてもらえると嬉しいです。


当店では、アマゾンフルーツの、ジュース、スムージー、シェイクの他にも、カクテルや、ビタミンビールなど、フレッシュで身体思いのメニューが充実しています。ぜひお試しください。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。