【難題】コミュニティのあるカフェを作りたい





あなたが理想とするのはどんなカフェですか? お店をイチから作るとしたら、どのようなお店にしたいですか?どのような点において、他のお店やチェーン店さんに対して「優位性」があると考えますか?

いろいろな意見があると思いますが、小規模なカフェが勝ち残って行くためには、理想を現実のものとする必要があります。カフェ開業希望の方の意見を聞いているとその多くのオーナー予備軍の方々の意見として特に多いのが「いろいろなお客様同士が情報交換したり、友達になったり。」みたいな、いわゆる昔の「喫茶店文化」や海外のカフェのような理想像をお持ちである事がわかります。

個人の方からも開業支援の問い合わせをいただく事も多くありますが、思いとどまって頂く事も多く、お手伝いするにしてもアドバイス程度にする事が多くなりました。



カフェでお客様同士が突然の交流、しますか?

日本人、あるいは日本語の性質のせいかどうかは不明ですが、突然話しかけると逆に「不審者」かのように思われてしまいがちです。(もちろん、海外でもなんでもありと言う訳ではないですが。) では、なぜ昔の「喫茶店」では、常連さん同士が仲良くなったり会話を楽しんだり出来たのでしょうか?それは、喫茶店ならではの「マスター」の存在が大きいと思いますし、それが当たり前という環境にあったからに他なりません。いわば「文化」ですね。また、昔は現在と違い、人々の行動範囲も狭かったので、基本的に同じ喫茶店を利用する頻度が高く、何度も来店して顔なじみになるという状況が沢山あったのも事実です。

もちろん、現在においても、チェーン店さんなどでも常連になれば、スタッフさんと顔なじみになる事もあるでしょうし、会話を楽しむ場面もあるでしょうが、チェーン店のスタッフさんがお客さん同士の交流を促すような場面はまずありませんし、お客さんとしてもそんな事を求めていないと思います。そして、スタッフさんは「仕事中」なので、会話を楽しむにも限度があり、結局、1人で来店されたお客さんの相手はスマホが担当するというのが一般的でしょう。




文化というのはそれなりに時間をかけて醸造されて行くもの

ではその理想を実現するためには?お店としてできる事、オーナーさんとして出来ることは、

  1. 理想的な文化のお店として「わかりやすい目標」を設定し

  2. その理想像をスタッフの方々と共有し

  3. 共感を得て日々のサービスに落とし込み

  4. その文化を良しとするような工夫を取り入れてみたり

  5. 開業前であれば内装そのもにも、文化の醸造を後押しするようなレイアウトを取り込んでみたりしながら、

  6. 後は、目標に向かって毎日高いレベルで営業を続ける事です。

そして、ゆる~いながらもそのお店を中心とした「カフェコミュニティ」を少しずつ形成していき、出来るだけ多くのお客さんにとって「特別な店」としての地位を築いて行きましょう。


起業・飲食店開業や経営ついて。考え方のヒントをnoteでより詳しく書いています。

■カフェ開業・運営・仮想通貨・ブログについてなど、ご依頼やお悩み相談はnot for sales Inc株式会社、Twitter(@notforsales)からでもお気軽にどうぞ。